講師資格のQ&A

Q. 講師になりたいのですが。
A. ローランド・ミュージック・スクールで講師として活動するには所定の講師資格の保有が必須条件となります。講師資格を取得するためにはまず「講師養成コース」への入会が必要です。講師養成コースは、全国各地のローランド・ミュージック・スクールで開講しており、このコースに入会いただくことによって、指導に必要な知識や音楽的能力向上のためのセミナーやレッスン、資格取得のためのオーディション等を受けていただくことができます。
Q. 以前、ほかの音楽教室で資格を取って講師をしていました。この時の資格は有効でしょうか?
A. ローランド・ミュージック・スクールの講師資格取得にあたっては、他社の講師資格を保有されていても優遇措置はとっておりません。どのような経歴をお持ちの方であっても、まずローランド・ミュージック・スクールの講師養成コースへ入会いただき、所定のセミナー受講や資格取得のためのオーディション受験などを経て、合格ラインに達した方に対して講師資格を認定しております。
Q. 資格を取得したら楽器店などで指導を担当できるのですか?
A. 基本的には自宅教室開講から講師活動をスタートします。
楽器店教室では、指導経験を積んでいることや、上位資格を取得していることで、指導できるチャンスが広がります。
Q. 講師になりたいのですが、年齢制限や演奏歴の条件はありますか?
A. 学齢16歳以上で楽器演奏経験や音楽知識をある程度お持ちの方であれば、基本的にはどなたでも「講師養成コース」へ入会することができます(講師資格の認定は学齢19歳以上)。
各科「講師養成コース」入会の目安は以下のとおりです。●ピアノ科/オルガン科
ツェルニー30番修了程度
●ポピュラー・ジャズピアノ科
基礎的な音楽知識の保有とコードに基づく演奏経験
(あるいはツェルニー30番修了程度)
●コンピューター・ミュージック科
基礎的な音楽知識の保有(鍵盤演奏力は問いません)
●Vドラム科
基礎的な音楽知識と、基本的な8ビート程度のドラム演奏経験
Q. 音大卒業ではありませんが、講師になれますか?
A. もちろん講師資格を取得できます。ローランド・ミュージック・スクールでは、音楽大学を卒業されていなくても、ピアノやオルガンをはじめ鍵盤楽器の演奏経験を活かして資格を取得されている方が多数いらっしゃいます。
Q. 大学で幼児教育を専攻しています。鍵盤楽器が専門ではないのですが、大丈夫でしょうか?
A. ローランド・ミュージック・スクールでは、実績ある幼児教育の理念をベースに子どもの成長や個性にあわせたコースを用意しています。幼児教育の指導法を習得されている方には、その能力を十分発揮できる場となります。講師資格取得後も、各種研修やセミナーで講師のみなさまをバックアップしています。また鍵盤楽器演奏レベルの目安はツェルニー30番修了程度となります。
Q. どのくらいの期間で講師資格を取得できますか?
A. 入会時期や科別の取得条件の違いはありますが、およそ1年程度での取得が目安となります。期間にとらわれることなく、講師に必要とされる基礎的な音楽能力や指導力を充分に養っていくことが大切なポイントです。
Q. 費用はどのくらいかかりますか?
A. 資格にもよりますが、講習生登録や研修受講料、認定オーディション受験料、教材費などを合わせると、約7~8万円程度です。また、認定オーディション受験に向けての講師養成コースを受講する場合、月謝は別途必要です。

このページの上へ