オルガン科 ベーシックコース

多彩な音色やリズムを活用して演奏の基礎を身につける

オルガンの奏法を基礎から学べるコースです。
まずオルガンの音がつくり出す楽しい世界に触れながら、上下の手鍵盤と足鍵盤を使ってオルガン独自の基本的な奏法を体験していきます。
さまざまな伴奏パターンに慣れていきながら、リズムやハーモニーへと進み、お子様の上達度に合わせて無理なくステップアップしていくレッスンです。
教本にはオルガン用3段譜だけでなく、コードネームがついた1段譜も効果的に取り入れながら、総合的な音楽の力も楽しく身につけることができます。

主教本とレッスン内容

「オルガン・スタディーズ」シリーズ

全7巻のうち、1~4巻を使用します。
はじめは演奏の正しい姿勢から、ベース奏法など、オルガンの基本的奏法について体験していきます。その後さまざまな伴奏パターンを学び、スムーズなベース奏法の動きも身につけます。また、曲にあったテンポや強弱も、できる範囲で意識して弾けるようにレッスンします。
3巻以降は、新たに付点リズムや調号が2つまでの曲が出てきます。また、フレージング(スラーや区切り記号)やアーティキュレーション(スタッカートやアクセントなど)、デュナーミク(強弱)なども、曲想に応じてつかんでいけるような内容になっています。
4巻ではオルガン特有の奏法であるカウンター・ライン(ハーモニー編曲の手法)が出てきます。適切なアーティキュレーションや曲想表現も自分なりに考えて演奏できる力をつけていきます。 読譜力も1段譜などに親しむことによって徐々に習得していける構成になっています。

「プチ・エトワール」シリーズ(3~5歳児向け)

全6巻で構成されており、幼児期の脳の発達に適した内容になっています。
「うたあそび、リズムあそび、けんばんあそび」を楽しみながら、音を身体で表現したり、鍵盤に対する興味を深め、音楽的な感覚を育むところからスタート。その後、鍵盤上でしっかりと表現できる技術を育てます。
巻が進むごとに、音、リズム、鍵盤、指、ニュアンスの認識など、内容が少しずつ理論的になっていきます。
後半の5・6巻は、4巻までのレッスンで基礎を積み上げてきた5歳児が対象です。ソルフェージュ的な部分と、この年齢にふさわしい理論的なアプローチで、演奏する意欲や技術を磨いていきます。

コース詳細

コース対象者 未就学児から小学校低学年のお子様、および大人の初心者の方
*3歳が目安となります
レッスン形態 個人レッスン
毎週1回30分(年間42回)、または隔週1回60分(年間21回)
料金 入会金、レッスン受講料(月謝制、運営費・管理費込み)のほか、教材購入費が別途必要です。
受講料はコースや使用教材をもとに各教室で定めておりますので、各教室に直接お問い合わせください。

レッスン使用楽器

※使用機種は教室によって異なる場合があります。

生徒会員サポート

オリジナル楽譜集
隔月発行の生徒会員向け会報誌「どれみらんど」併載の楽譜集「Music Pieces」には、話題の曲をピアノ/オルガン用にアレンジした楽譜が級別に収録されています。対応SMFミュージックデータ(別売)と合わせてお楽しみいただけます。
演奏オーディション
主教本、選択教本から1題ずつと、ソルフェージュ課題があります。合格すると「認定証」が発行されます。
「オルガン・ミュージックフェスティバル」への参加資格、「ピアノ・ミュージックフェスティバル」参加料優待があります。

「生徒会員組織のご紹介」を見る

「オルガン科 ベーシックコース」の体験レッスンを受けてみませんか?

ローランド・ミュージック・スクールでは体験レッスンを随時実施しています。お近くの教室まで、お気軽にお問い合わせください。

体験レッスンの実施や料金については、当コース開講のローランド・ミュージック・スクールまでお気軽にお問い合わせください。

開講教室を問い合わせる

このページの上へ