オルガン科 アドバンスコース

応用力やアレンジ力を身につけて よりレベルの高い演奏を習得

ベーシックコースで身につけた演奏力を土台に、よりレベルの高い演奏技術や音楽理論を段階的に習得します。
応用力やアレンジ力を身につけて演奏表現の幅を広げながら、オルガン演奏の真髄ともいえるリアルタイム奏法についても学んでいきます。

主教本とレッスン内容

「オルガン・スタディーズ」シリーズ

全7巻のうち、5~7巻を使用します。
オルガンの基礎的な奏法の復習から、アレンジの基本となるコード、ベース・パターン、カウンター・ライン(ハーモニー編曲の手法)、重音奏まで、段階的に習得していきます。6巻からはコード理論の理解をメインに曲に取り組んでいきます。テンション・コードを含んだサウンドにも親しみ、それぞれの曲の雰囲気やアーティキュレーション(スタッカートやアクセントなど)を表現しやすい音色に設定することにも慣れていきます。
7巻ではテンション・コード、ボイシング、代理コードなど、より高いレベルでのアレンジ力を習得するために必要な理論を学んだり、さまざまなリズムに慣れるようにします。最終的には学んだ理論を活かし、空白の楽譜を自分なりに完成させてそれを演奏できる力を身につけます。

コース詳細

コース対象者 中級~上級
ベーシックコースを修了した中学生・高校生~大人の方
レッスン形態 個人レッスン
毎週1回30分(年間42回)、または隔週1回60分(年間21回)
料金 入会金、レッスン受講料(月謝制、運営費・管理費込み)のほか、教材購入費が別途必要です。
受講料はコースや使用教材をもとに各教室で定めておりますので、各教室に直接お問い合わせください。

レッスン使用楽器

※使用機種は教室によって異なる場合があります。

生徒会員サポート

オリジナル楽譜集
隔月発行の生徒会員向け会報誌「どれみらんど」併載の楽譜集「Music Pieces」には、話題の曲をピアノ/オルガン用にアレンジした楽譜が級別に収録されています。対応SMFミュージックデータ(別売)と合わせてお楽しみいただけます。
演奏オーディション 主教本、併用曲集から1題ずつと、自由曲、初見演奏課題があります。合格すると「認定証」が発行されます。また、講師資格取得にあたっては所定級の演奏オーディションに合格する必要があります。
「オルガン・ミュージックフェスティバル」への参加資格、「ピアノ・ミュージックフェスティバル」参加料優待があります。

「生徒会員組織のご紹介」を見る

「オルガン科 アドバンスコース」の体験レッスンを受けてみませんか?

ローランド・ミュージック・スクールでは体験レッスンを随時実施しています。お近くの教室まで、お気軽にお問い合わせください。

体験レッスンの実施や料金については、当コース開講のローランド・ミュージック・スクールまでお気軽にお問い合わせください。

開講教室を問い合わせる

このページの上へ