リズミック♪トラベラー

第5回 スペイン ~ 歴史が語る! 情熱のリズム

  • どんなところ?
  • どんな音楽?
  • Let's リズミング

スペインってどんな国なの?

さまざまな民族の文化がかおる、魅力いっぱいの国

ヨーロッパ南西部のイベリア半島にスペインはあるよ。むかしからヨーロッパとアフリカをつなぐ要所としてさまざまな民族が行き来していたから、いろいろな国の文化の影響を受けてきたんだ。15~16世紀には大きな船で世界中に進出し「世界最強の国」と呼ばれるほど繁栄したよ。スペイン語が遠くはなれた中南米などで話されているのは、この頃の影響なんだ。
歴史的な美術や建物が多いスペインは、世界中から観光客がやってくる人気の国。アルハンブラ宮殿やサグラダ・ファミリアなどの世界遺産や、スペイン出身の画家ピカソやダリの作品に出会えるよ。勇かんな闘牛士(マタドール)が活躍する闘牛や情熱的なフラメンコも見どころのひとつ。訪れる楽しみがとても多い、魅力的な国だね!

スペインにはどんな音楽があるの?

おどりとともに発展した音楽

さまざまな民族の影響を受けたスペインの音楽はどことなくエキゾチックな雰囲気が感じられるメロディーが多いよ。思わずおどりだしたくなるような独特なリズムがとても印象的。
スペインの各地方に伝わる民俗舞踊は今でも大切にされているよ。そのなかでも有名な「フラメンコ」は南部・アンダルシア地方で生まれたもの。東部のバレンシア地方やアラゴン地方では男女がペアになって陽気におどる「ホタ」が親しまれているよ。ホタの音楽を弦楽器や太鼓で演奏する「ロンダーリャ合奏」は、フィリピンや中南米にも伝わって楽しまれているんだ。

“感情”を思いっきり表現! 表情豊かなフラメンコ

現在では日本はもちろん、世界中で親しまれているフラメンコは、ダンスとギター、歌が一体となった舞踊音楽。もともとアンダルシア地方に伝わる伝統的な舞踊曲に、放浪の民族「ロマ(ジプシー)」が自分たちの音楽を加えて作りあげられたといわれているよ。むかしから手拍子や指鳴らし、かけ声などがおどりの伴奏だったんだ。これらは、ギターなどの楽器を使うようになった今でもフラメンコのリズムに欠かせない要素になっているよ。
フラメンコの魅力は、なんといっても感情表現が豊かなこと。かがやくようなよろこびを表現したり、絶望的な悲しみをうったえたり……。人間のあらゆる感情を音楽にあらわしているんだよ。

リズムさんといっしょにLet's リズミング!

手拍子や足拍子も音楽! 体全体でかなでるフラメンコ

フラメンコのリズムの要は「パルマ」とよばれる手拍子。「パルメーロ」と呼ばれる手拍子を打つ人が、おどりやギター、歌に合わせてリズムをたたくよ。そこに足拍子が加わって音楽をもりあげていくんだ。体そのものが楽器になるんだね!
フラメンコで使われる休むことなく流れつづけるような音楽は、12拍で1つのまとまりの「コンパス」というリズムで構成されているよ。コンパスはおもに2拍子と3拍子のリズムパターンの組み合わせになっていて、アクセントの位置やテンポを変化させることによって、さまざまな表情のリズムが生み出されるんだ

パルマ(手拍子)でリズミング!

やってみよう!

www.roland.co.jp/school/park/

このページの上へ