自由曲でのコンクール参加における著作権管理状況確認のお願い

「ローランド・フェスティバル」において、主催者が指定する課題曲以外の既存の楽曲を自由曲として演奏する場合は、必ず応募者自身で事前に著作権管理状況を確認したうえで応募してください。

自由曲での応募となる大会・出場枠

■ローランド・フェスティバル
【オルガン・ステージ】小学生A/小学生B/中高生/一般部門
【パフォーマンス・ステージ】全部門
【Vドラム・ステージ】全部門
【アンサンブル・ステージ】全部門

既存の楽曲の使用許諾について

国内外を問わず楽曲によっては、著作権管理事業者(一般社団法人 日本音楽著作権協会/以下JASRAC、など)ではなく、楽曲制作者自身や権利保有企業が著作権管理をしているため、著作権管理事業者で利用許諾を得られず、ステージでの演奏ができない場合があります。その際は、応募曲の変更または参加不可となる場合もありますのでご注意ください。(参加料の返金はいたしかねます)

応募者側で事前に必ずご確認をお願いします

応募者は、応募曲がJASRAC管理曲である、あるいは許諾不要の楽曲(PD=著作権消滅曲 *注1)であることを応募前に必ず確認してください。確認方法はページ下部の「楽曲の権利者や管理状況の確認」を参考にしてください。

■許諾が下りにくい楽曲
~JASRAC管理曲・PD以外の楽曲は、使用許諾が非常に困難な場合があります~

一部の有名ゲーム音楽やTVコマーシャルなどの楽曲は、著作者本人もしくは権利保有企業(ゲームメーカーや大手広告代理店など)が著作権管理を直接行なっている場合があります。 また洋楽・邦楽の中にも、著作者本人やその遺族が著作権管理を直接行なっている場合があります。 これらは利用形態によって許諾の可否が異なったり、許諾までに長期間を要したり、場合によっては許諾が下りない場合がありますので、選曲なさらないことをお勧めします。

*注1
■許諾不要の楽曲 ・・・PD

著作者の死後(著作者不詳、団体が著作者の場合は作品が公表されたとき)50年経過すると著作権は消滅します(PD=パブリック・ドメイン曲)。いわゆるクラシック曲の大部分は、著作権消滅曲です。
ただし、編曲されているPD曲を利用する際は、その編曲者の許諾が必要です。 また、海外の楽曲に関しては50年に加え、「戦時加算」といって、さらに約10年の保護期間が加算されているものもありますのでご注意ください。

JASRACへの許諾申請は主催者にて行ないます

「ローランド・フェスティバル」(いずれもステージ演奏)での演奏許諾申請は、主催者であるローランド株式会社が一括して著作権管理事業者に行ないます。

楽曲の権利者や管理状況の確認

JASRACウェブサイトの作品データベース検索サービス「J-WID」を利用すると、楽曲の作品コードや管理会社などを調べることができます。

【J-WIDトップ画面】

▲トップ画面で「了承」をクリックします

【検索画面】

▲検索したい楽曲のタイトルや権利者(著作者や出版者)名など、わかる範囲で入力して「検索」をクリックします。
(すべての項目を入力する必要はありません)

【検索結果画面】

▲検索画面の下に、検索に該当する楽曲一覧が表示されます。目的の楽曲が見つかったら、その曲のタイトルをクリックします。

【作品詳細画面】

▲目的の楽曲の権利者や、管理状況が表示されます。

  • ・「J」マークのアイコンが表示されている項目についてはJASRACで許諾可能です。
  • ・「PD」マークのアイコンが表示されている楽曲については著作権保護期間が終了しています。
    (参考画面の楽曲では、CM利用以外はJASRACで許諾可能です)

音楽著作権についての質問や楽曲の利用、許諾申請等の問い合わせ先
JASRACインフォメーションデスク
TEL:03-3481-2125
(受付時間9:00~17:00 月~金/祝日除く)

※JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)とは…
日本国内の著作権管理事業者の一つ。国内の多くの楽曲の著作権について管理委託を受けるとともに、海外の著作権管理団体とお互いの国の楽曲を管理し合う契約を結び、日本国内での音楽著作権の手続きの窓口となっています。

このページの上へ