規定補足/Q&A

Q&A

ローランド・フェスティバル全般について

Q1

「オルガン」「パフォーマンス」「Vドラム」「アンサンブル」と4つのステージがありますが、複数のステージに参加することはできますか?

A1

はい。複数のステージにご参加いただけます。なお、各ステージ・各部門に、参加資格の規定がありますのでご参加前にご確認ください。

Q2

「オルガン・ステージ」「Vドラム・ステージ」で、自由曲で参加する部門と課題曲で参加する部門の両方に参加することはできますか?

A2

はい。両方にご参加いただけます。ただし、両方の部門にご参加の場合は、異なる曲でご参加ください。また、それぞれに参加料が必要となります。

Q3

参加資格に、出場者の受講科目や、担当講師の指導資格は関係しますか?

A3

参加資格には受講またご指導の「科」は関わりません。例えばピアノ科の生徒さんがオルガン・ステージやVドラム・ステージにご参加いただくことも可能です。ぜひさまざまな楽器へチャレンジする機会としてご参加ください。

Q4

演奏したい曲の著作権はどのように調べたらよいですか?
また、許諾手続きは個人で行う必要がありますか?

A4

主催者が指定する課題曲以外の既存の楽曲を演奏する場合は、必ず応募者自身で事前にお調べください。著作権管理事業者(JASRACなど)のウェブサイト等でご確認いただけます。詳しくは「自由曲でのコンクール参加における著作権管理状況確認のお願い」のページをご参照ください。
なお、JASRAC等で管理している楽曲の許諾手続きはローランドが一括して行いますが、広告代理店や作曲者個人が管理している場合は、応募者自身で個別に許諾を得てください。

ビデオ予選について

Q1

ビデオ予選にWEB応募で参加します。YouTubeの「限定公開」とはなんですか?

A1

公開したYouTubeのアドレスを知っている方のみ、その動画をご覧になれる公開方法です。
応募の際に、動画を公開したYouTubeのアドレスをお知らせいただきます。

Q2

ビデオ予選にWEB応募します。少し前にYouTubeにアップした動画で参加したいのですが可能でしょうか?また一般公開していますが限定公開に変える必要はありますか?

A2

直近約1年前後に撮影・公開された演奏でしたら、そのままご応募いただけます。またすでに一般公開されている場合は、限定公開に変更いただく必要はありません。

Q3

ビデオ予選にWEB応募した動画を、一般公開することはできますか?

A3

審査・選考期間中は、主催者側は限定公開をお勧めしますが、応募ご本人様の事情次第で公開方法はご本人様でお選びください。

Q4

ビデオ予選に参加します。動画はWEB応募したいのですが、参加申込書は従来通り紙に記入・郵送したいと思っています。そういった応募も可能ですか?

A4

はい。動画はWEB応募で申込書は郵送応募、また動画は郵送応募で申込書はWEB応募も可能です。応募締切日(必着)までに参加申込書・動画の両方が届いている必要がありますので期日にご注意ください。

Q5

ビデオはどのように撮影するのがよいですか?

A5

演奏の様子がわかるように、可能な範囲で演奏者の全身が入るように撮影してください。アンサンブルの場合は、メンバー全員の顔と演奏の様子、全体のバランス等がわかるように撮影していただけると審査がよりスムーズになります。撮影環境等によりメンバー全員を同時に映すことが難しい場合は、演奏時にカメラを動かして、1曲の演奏の中で全員が映るように撮影をしていただいても構いません。

Q6

撮影した映像は編集や加工をしたほうが良いのでしょうか?

A6

撮影した映像をミュージックビデオのように編集してご応募いただいても問題ありませんが、編集の有無は審査に影響しません。また編集した場合、そのクオリティは評価の対象とはなりません。

Q7

映像はどの形式で記録すればいいですか?

A7

郵送応募いただく際は、記録メディア(DVD-R、SDカード、USBメモリーのいずれか)に、「DVDビデオ形式(家庭用DVDプレーヤーで再生できる形式)」「MPEG4」「Quick Time」「Windows Media Video」のいずれかで保存してください。※DVD-RWやRAMディスク、ミニDV、ブルーレイディスク等は受付対象外です。
WEB応募いただく際は、YouTubeがサポートしている「MPEG4」「Quick Time」「Windows Media Video」のいずれかで保存・公開してください。

Q8

ビデオ予選の審査結果やファイナルの案内はどのように通知されますか?

A8

ローランド・ミュージック・スクール会員のみなさまには所属店・教室宛に文書にて通知します。会員外のみなさまには、応募者ご本人様に文書にて通知します。

オルガン・ステージ

Q1

「オルガン・ステージ」で、小学生A部門とフレンドリーA部門両方に参加することはできますか?

A1

はい。両方にご参加いただけます。ただし、両方の部門にご参加の場合は、異なる曲でご参加ください。また、それぞれに参加料が必要となります。

Q2

所属している教室で、楽器店大会の開催予定がありますが、学校行事で参加ができません。センター予選やビデオ予選に参加することはできないでしょうか。

A2

ご所属の教室で、楽器店大会の開催予定がある方は、原則として楽器店大会以外の予選には参加できません。詳しくは所属教室様にご確認ください。

Q3

オルガン・ステージのビデオ予選に参加します。演奏楽器の指定はありますか?

A3

ローランド・オルガン ミュージック・アトリエであれば、機種は問いません。

Q4

オルガン・ステージのファイナルで、AT-900C/AT-350C用のペダル鍵盤は何が用意されますか?

A4

25鍵タイプをお使いの場合、PK-25Aをご用意します。20鍵タイプをお使いの場合、PK-7AもしくはPK-9をご用意しますが、PK-7AとPK-9のどちらかを指定することはできませんのでご了承ください。PK-7AとPK-9は基本的な演奏上の違いはありません。

Q5

参加申込用紙に「EZ Touch」の使用有無の確認欄があります。これは何ですか?

A5

ミュージック・アトリエの機種によっては、操作パネル上に「EZ Touch」ボタンを備えている機種があります。「EZ Touch」は、設定に関わらず、イニシャル・タッチがオフになり、鍵盤を弾く強さに関わらず、一定の音量で演奏できる機能です。「EZ Touch」ボタンを押すと、レジストレーションの設定に関わらず、その機能が有効になりますので、「EZ Touch」ボタンを使用した場合は、必ず演奏終了後にボタンを押して設定を解除する必要があります(解除しない場合、次以降の方の演奏に影響します)。

Q6

足鍵盤に足が届かない子どもが、立って演奏しているのを見たことがあります。立って演奏することは規定違反にはならないのでしょうか。

A6

規定違反にはあたりません。しかし、無理に不自然な体勢で演奏するよりは、補助ペダルを使って、イスに座って正しい姿勢で演奏することをおすすめします。

オルガン・ステージ フレンドリー部門 演奏規定について

Q1

子どもの生徒さんで、まだ体が小さく、楽譜に書かれているベースの低音域まで足が届かない場合、届く範囲の音符に変更してもよいのでしょうか?また手鍵盤パートの楽譜を簡単にしたり、オクターブ奏を単音にすることはできますか?

A1

原則として「楽譜通り」ですが、足や指が届かない場合については、音符の変更は可能です。また楽譜を簡単にしたり、オクターブ奏を単音にすることも可能ですが、曲想を損なわない範囲で変更いただくようご留意ください。

Q2

ベースパートは省略できるとありますが、年齢に決まりはありますか?

A2

年齢の決まりはありません。『フレンドリー部門』は初心者の方にもご参加いただきたい部門ですので、まだ小さくて足がペダルに届かないお子さんや、オルガンを始めたばかりで、まだペダル演奏まで取り組んでいない大人の方も、ペダルを省略いただけます。ただし、オルガン用楽譜では、ベースパートは楽曲の中で重要なパートとなりますので、ペダル演奏を省略する場合は、SMFミュージックデータのベースパートをONにしてデータと一緒に演奏するとよいでしょう。

Q3

鍵盤楽器を始めたばかりなので、右手しか弾けません。ペダルに届かない場合、SMFミュージックデータのベースパートをONにしてもOKとありますが、左手パートもONにしてよいでしょうか?

A3

『フレンドリー部門』の目的はひとりでも多くの方にフェスティバルに参加していただくことですので、まだ片手しか弾けない方はSMFミュージックデータの左手パートとベースパートをONにして、右手の演奏のみで参加いただけます。

Q4

ピアノの生徒さんで、両手を上鍵盤と下鍵盤に分けて演奏するのが難しいのですが、両手とも下鍵盤で演奏してもいいでしょうか?

A4

楽譜上、上鍵盤・下鍵盤の指定があっても、ピアノの生徒さんやオルガンをはじめたばかりの方で鍵盤を分けて演奏するのが難しい場合は、両手とも、どちらかの鍵盤で演奏しても構いません。また手が届かないなどの理由で、鍵盤の演奏位置をオクターブ変えても問題ありません。

Q5

右手で下鍵盤の1音を押さえながら上鍵盤でメロディーを弾くなど、どちらかの手で上下鍵盤を同時に演奏する楽譜で、小さくて手が届かなかったり、大人でもオルガンを始めたばかりでその演奏方法は難しい場合は、どのように演奏すればよいでしょうか。

A5

「下鍵盤の1音を省略する」「上下鍵盤で分けて演奏せずに、上鍵盤のみ(もしくは下鍵盤のみ)で演奏する」など、演奏できる形に変更いただいてかまいません。また「下鍵盤」の音をホールドするようレジストレーションを作成いただいても問題ありませんが、その結果演奏やオルガン操作が煩雑になるようであれば、お子さんや初心者の方が演奏しやすくなるような変更をされることをおすすめします。

Q6

課題曲のテンポ変更は可能でしょうか?

A6

演奏者が弾きやすいテンポで演奏いただいて問題ありません。ただし、曲の持つ曲想を損なわない範囲で変更いただくようご留意ください。

Q7

短い曲をリピートしたり、アレンジを加えて演奏することはできますか?

A7

『フレンドリー部門』は、課題曲を楽譜通りに演奏いただくことを基本としますので、リピートやアレンジを加えるなどの変更はできません。変更したい場合は自由曲での演奏となる『小学生/中高生/一般部門』でご参加ください。

Q8

楽譜にマニュアル・パーカッション使用の記載がありますが、ステージでの使用機種にはその機能がなく、演奏できません。その場合、マニュアル・パーカッションは演奏しなくても問題ありませんか?

A8

マニュアル・パーカッションの機能は、ミュージック・アトリエAT-300/AT-100/AT-75には搭載していません。また機能がある機種も鍵盤数の違いによって、押さえる鍵盤が異なる場合があります。演奏規定の「使用機種の鍵盤数や使用機種の違いによって楽譜通りの演奏ができない」ことに相当しますので、マニュアル・パーカッションを演奏しなくても問題ありません。

Q9

マニュアル・パーカッションやDビームの追加や省略はできますか?

A9

楽譜に表記がない場合、マニュアル・パーカッションやDビームなどの機能の追加は、曲のアレンジに該当しますので認められません。また、楽譜に表記がある場合でも、マニュアル・パーカッションやDビームの機能が演奏機種にない場合、また手が届かない場合は、省略しても問題ありません。

Q10

指定楽譜「オルガン・スタディーズ」には、対応したSMFミュージックデータやレジストレーションデータがありません。自分で作成してもよいでしょうか?

A10

楽譜に対応したSMFミュージックデータがない場合、SMFミュージックデータの作成はできません。ただし、レジストレーションデータの作成は自由です。

Q11

指定楽譜「はじめてのアトリエ」で、指導者用の伴奏楽譜が掲載されている曲があります。この伴奏を指導者が演奏し、SMFミュージックデータを作成することはできますか?

A11

演奏規定の「対応SMFミュージックデータが販売されていない曲」に該当しますので、自作のSMFミュージックデータの使用はできません。

Q12

SMFミュージックデータ対応曲を、データなしで演奏してもよいですか?

A12

SMFミュージックデータ対応曲のデータの使用・不使用は自由です。

Q13

SMFミュージックデータの再生と同時に演奏が始まる曲の場合、ミュージック・アトリエの「カウントイン機能」を使ってSMFミュージックデータを再生してもいいですか?

A13

はい。問題ありません。

Q14

SMFミュージックデータを使用しない場合、本体のリズムの使用、自動伴奏の使用はできますか?また、リズムなしでもよいでしょうか?

A14

本体リズムの使用・不使用は自由です。ただし自動伴奏は使用いただけません。また、リズムカスタマイズ機能などを利用して、本体リズムをカスタマイズすることはできません。

Q15

指定楽譜「Music Pieces(2003年3・4月号以降)」では、オルガン科以外の曲から選んでもよいのでしょうか?

A15

オルガン科以外の曲からも選曲いただけます。なおピアノ曲を選曲した場合、ベースパートは、SMFミュージックデータをONにして両手奏をしてください。足鍵盤の使用はできません(ダンパーペダルの使用は可)。また右手のみで演奏する場合は、SMFミュージックデータのベースパートと左手パートをONにして、右手のみで演奏してください。なお、ピアノ科用の楽譜には、対応したレジストレーションデータがありませんので、設定が必要となります。

Q16

指定楽譜の「オルガン・スタディーズ」や「パレット」1巻にある1段譜を選曲した場合、伴奏形は自由でしょうか?

A16

1段譜を選択した場合、SMFミュージックデータの伴奏パート、ベースパートをONにして、1段譜のみ演奏してください。なお、SMFミュージックデータが付属していない曲の場合は、1段譜のみの演奏となります。

Q17

『フレンドリー部門』は時間制限がないということですが、3分または4分以上の曲を選んでも大丈夫でしょうか?

A17

課題曲を楽譜通りに演奏している限りは、時間制限はありませんので大丈夫です。

Q18

ファイナル出場となった場合、予選と違う課題曲に変更してもよいですか?

A18

変更は自由です。指定楽譜からお選びください。ただし、ファイナルから自由曲に変更することはできません。

Q19

レジストレーションの切り替えを自分でできない場合、SMFミュージックデータにレジストレーションの自動変更情報を追加して再生してもよいでしょうか?

A19

リアルタイムに自分でレジストレーションを切り替えて演奏することを推奨しておりますが、オルガンを習い始めたばかりで、レジストレーションの切り替えにより演奏に集中できないなどの場合は、自動演奏情報をSMFミュージックデータに追加して再生してもかまいません。その場合は、SMFミュージックデータの改変にはあたりません。

Q20

SMFミュージックデータやレジストレーション・データのロードを、担当講師が行なってもよいでしょうか?

A20

『フレンドリーA/B/C部門』と、『小学生A部門』においては、担当講師の方が補助していただいてもかまいません。ただし、『小学生B部門』以上の場合でも、何らかの理由でうまくロードができないなどの状況になった場合は、ステージスタッフが確認に出るか、担当講師の方に確認に出ていただく場合があります。

パフォーマンス・ステージ

Q1

パフォーマンス・ステージには、どのような演奏で参加ができますか?

A1

ローランド製の電子楽器を使った演奏でご参加ください。演奏時間5分以内のソロ演奏であれば、演奏内容は自由です(SMFミュージックデータなどのバッキングデータとのアンサンブル演奏は可)。ソロ演奏や弾き語り、コンピューターやシンセサイザーで作ったオリジナル楽曲に合わせて歌を歌うなど、自由なアイディアで楽器演奏・音楽制作の楽しさが伝わるパフォーマンスをご披露ください。
※2名以上で演奏する場合は、アンサンブル・ステージにご参加ください。

Q2

デジタル・ピアノで参加したいのですが、クラシック曲や市販のピアノ楽譜の演奏でも参加できますか?

A2

演奏時間5分以内でソロ演奏であれば、既存曲でもオリジナル曲でも、ご参加いただけます。伴奏なしのピアノソロ演奏でも、SMFミュージックデータとのアンサンブル演奏でも構いません。またSMFミュージックデータは市販かオリジナルかは問いません。

Q3

自分でPCやシンセサイザーで作ったデータに合わせて歌います。制作したデータは審査の対象になりますか?

A3

PCやシンセサイザーで制作されたデータそのものがパフォーマンスの一部となりますので、データも含めて審査をさせていただきます。さらに、オリジナル曲の場合は、その楽曲も含めて審査いたします。

Q4

自分で作った映像に合わせて歌ったり、楽器を演奏することはできますか?

A4

ファイナルステージには、プロジェクタ等の用意がないため、映像はご利用いただけません。

Q5

パフォーマンス・ステージとオルガン・ステージの両方に参加したいと思っています。パフォーマンス・ステージは演奏時間が5分あるので、オルガン・ステージの演奏曲にさらにアレンジを加えて、曲を長くして演奏したいと思っています。同じ曲で両方のステージに参加できますか?

A5

リアレンジしても、または全く同じ演奏でも、ご参加いただけます。ただし、それぞれに参加料が必要となります。

Q6

Vドラムの演奏にあわせて歌いたいのですが、その場合はパフォーマンス・ステージへの参加になりますか?

A6

Vドラム・ステージも、歌いながらドラムを叩いていただいても構いません。Vドラム・ステージは「Vドラムの演奏」を主とし、パフォーマンス・ステージでは「Vドラムを含むパフォーマンス全体」を主とした審査を行います。参加したいステージを自由にお選びください。また、両方のステージにご参加いただくことも可能です。ただし、その場合、それぞれに参加料が必要となります。

Vドラム・ステージ

Q1

音楽教室の会員です。会員限定の部門(小学生A/B、中高生・一般部門のいずれか)とフリーパフォーマンス部門、両方に参加することはできますか?

A1

はい。両方にご参加いただけます。ただし、両方の部門にご参加の場合は、異なる曲でご参加ください。また、それぞれに参加料が必要となります。

Q2

Vドラムの演奏にあわせて歌いたいのですが、その場合はパフォーマンス・ステージへの参加になりますか?

A2

Vドラム・ステージも、歌いながらドラムを叩いていただいても構いません。Vドラム・ステージは「Vドラムの演奏」を主とし、パフォーマンス・ステージでは「Vドラムを含むパフォーマンス全体」を主とした審査を行います。参加したいステージを自由にお選びください。また、両方のステージにご参加いただくことも可能です。ただし、その場合、それぞれに参加料が必要となります。

Q3

フリーパフォーマンス部門に参加予定です。予選とファイナルは同じ曲での参加でしょうか。

A3

はい。予選のビデオ審査は、ファイナルへのご出場に向けた審査選考を行いますので、予選とファイナルは原則として同じ曲でご参加ください。なお、ファイナルに向けて、パフォーマンスをブラッシュアップするために、アレンジを変えたり、曲の長さを規定内で変えたり、奏法を変えることは問題ありません。

アンサンブル・ステージ 参加規定・参加方法について

Q1

アンサンブル・ステージに参加できるのは音楽教室会員だけですか?

A1

グループ代表者がローランド・ミュージック・スクール会員(ローランド・ミュージック・スクールの生徒会員、講師、講習生のいずれか)であれば、他のメンバーは会員外の方でも構いません。

Q2

参加部門について教えてください。

A2

【アンサンブルA部門】は、メンバー全員が小学生以下です。未就学児も参加可能です。
【アンサンブルB部門】は、メンバー全員が高校生以下です。未就学児、小学生、中学生も参加可能です。たとえば中高生と小学生のごきょうだい等の組み合わせでも構いません。
【アンサンブルC部門】は年齢制限がありません。大人同士だけでなく、ご家族や、先生と生徒さん等、あらゆる年代の方でご参加いただけます。

Q3

子どもは音楽教室会員ですが、グループ代表者は音楽教室に通っていない大人でもいいですか?

A3

代表者は年齢にかかわらず、ローランド・ミュージック・スクール会員に限ります。

Q4

複数のグループに参加することはできますか?

A4

1人で複数のアンサンブル・グループに同時参加することも可能です。また各グループでの担当楽器は同じでも異なっても構いません。それぞれのグループ参加ごとに参加料が必要となります。

Q5

参加料はメンバー各自で振り込んでもいいですか?

A5

参加料は必ずグループ代表者の方(お子様の場合は保護者様名義でも構いません)より、総額を一括でご入金ください。個別のお手続きは過入金や入金ミスの原因となりますのでご遠慮ください。

Q6

参加料を振り込んだあとにメンバーが減ってしまいました。返金してもらえませんか?

A6

いかなる理由にかかわらず、参加料の過入金や返金には対応いたしかねます。

アンサンブル・ステージ 演奏規定について

Q1

同じ楽器を2台以上使用してもいいですか?

A1

1機種のみでの編成は不可ですが、3名以上のグループであれば、例えばピアノ2台+Vドラム1台などの組み合わせでもご参加可能です。

Q2

歌つきの曲を演奏したいのですが、ボーカルは参加できますか?

A2

かけ声や歌唱を入れても構いませんが、メンバー全員が何らかの楽器を演奏してください。楽器を担当せず、歌(ボーカル)だけで参加することはできません。

Q3

SMFミュージックデータを使ったアンサンブル演奏でも参加できますか?

A3

参加可能ですが、SMFミュージックデータによる演奏部分は評価の対象にはなりません。

Q4

ファイナル出場が決まった場合、メンバーの変更はできますか?

A4

ファイナルへはビデオ予選と同一メンバーでの出場となります。メンバーの変更追加はできません。

Q5

ファイナル出場が決まりました。楽曲アレンジや曲の長さを変えてもいいでしょうか?

A5

制限時間内(5分以内)であれば多少の変更は構いません。ただしビデオ予選の時から大幅に小節数を変えたり、楽器の編成を変えたり、楽曲のイメージが大きく変わらないようにしてください。

Q6

ファイナル出場が決まりました。楽器編成や担当楽器を変えてもいいですか?

A6

楽器編成や担当楽器は全てビデオ予選と同一であることが条件です。ただし、ビデオ予選の「機種」にかかわらず、ミュージック・アトリエはAT-350Cとなります。また、ピアノ、Vドラム等の大型楽器をご使用の場合は、主催者にて機種を指定、ご用意します。その他の楽器についても、楽器の機種はファイナルのステージで用意可能な機種に変更したり、お持ち込みをお願いする場合があります(現行販売モデル以外の機種など)。
なお、演奏したい「機種」が撮影時に用意できない等の理由がある場合は、予選お申込時に理由と変更したい機種をご申告いただければ、ファイナルにおいて、同等の役割を担当する楽器/機種への変更は可能です。
例)ルシーナをAX-Edgeに変更したい、JUNO-DiをJUNO-DSに変更したい、VR-09をJUNOに変更したいなど。
※オルガンをエアロフォンに変更したり、ドラムをハンドパーカッションに変更することはできません。