Vドラム・コンテスト2016ファイナル 入賞者コメント

グランプリレポートページを読む

●小学生A部門

山下 恭汰さん/鹿児島県
【演奏曲】Sing Sang Sung

前回くやしい思いをして、他にみんなに追いつきたくて練習量を増やしました。演奏曲のCDを何度も聴いて、学校へ行く前も毎朝欠かさず練習しました。「緊張することも大事だけど、平常心も忘れずにね!」と先生からアドバイスをもらった本番では、練習の成果をしっかり出せたと思います。グランプリに選ばれて、驚きと嬉しさで胸がいっぱいです。

●小学生B部門

日吉 郁斗さん/静岡県
【演奏曲】puma

小学生として挑んだ最後の大会。前回のくやしさもあり、絶対にグランプリで飾りたいという思いで臨んだ本番は、今までがんばってきたことが出せたと思います。入賞のことを学校の先生が学級通信に載せてくださったり、家族や友だちもすごく喜んでくれて嬉しかったです。将来はプロドラマーになることが夢なので、同じ夢を持つ人達とバンドを組みたいです。

●中高生部門

近藤 凛太朗さん/愛知県
【演奏曲】BLUE LAGOON

今大会に向け、お気に入りの曲を先生と時間をかけて作り上げたことは、とても楽しく勉強になりました。ファイナルには同じ教室の小学生たちも出場したので、彼らのお手本になれたらという思いでステージに上がりました。みんな僕の入賞を自分のことのように喜んでくれ、先生にも良い報告ができて良かったです。どんなジャンルも叩けるドラマーを夢見て練習していきます。

●一般部門

岩居 雅彦さん/東京都
【演奏曲】あなたと握手

演奏曲は8ビートのポップスにしては仕掛けが多く、歌詞もユニークな楽曲です。正確性を重視した練習の中、先生からのダイナミクスに関するアドバイスが参考になりました。本番は気楽に楽しもうと臨みました。ミスなく演奏できましたが、もう少し盛り上げられたかなと思います。帰宅後は家族がケーキで祝ってくれました。今後はロックも挑戦してみたいです。

準グランプリ

●小学生A部門

石川 伶さん/群馬県
【演奏曲】KILL THE KING

大会に向けて、1年間一生懸命練習してきました。本番では演奏に集中し、今の自分の力を出し切ることができたと思います。念願の入賞が叶い、先生や家族、応援してくれたみなさんに喜んでもらえて、嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。これからも僕らしく、そして聴く人に元気や感動、パワーを与えられる演奏ができるように練習をがんばっていきたいです。

●小学生B部門

伊藤 有為さん/東京都
【演奏曲】漆黒を塗りつぶせ

先生がすすめてくれた演奏曲は、サビの表現が難しいけれど、そこが気に入っているところでもあります。自分なりに表現を工夫して練習を重ね、気合いを入れて臨んだ本番では、練習以上の力を発揮できました。入賞することができて、本当に嬉しく感無量です。今回の経験で、自分の演奏に自信がつきました。次はグランプリを目指したいです。

●中高生部門

福島 そらさん/長野県
【演奏曲】Wannabe

私が得意とするパワフルな演奏を活かせる曲で挑んだ今大会。いつものように楽しんで叩こうと臨んだ本番は、自分らしさを100%出すことができました。結果発表で名前を呼ばれたときは嬉しくて、今までドラムを続けてきて良かったと心から思いました。私の先生のような“カッコ良くてすばらしい”ドラムの先生になれるよう、これからも練習をがんばります。

●一般部門

肥後 あけみさん/鹿児島県
【演奏曲】ピアノソナタ「月光」

今回はピアノ講師としての経験を活かしたいと考えてクラシック曲を選びました。練習では思うようにいかず焦りもありましたが、「ミスを気にせず、自分なりの表現をしてください」と先生に送り出され、気持ちの伝わる演奏をしようと本番に臨みました。入賞できてホッとしましたし、友人たちの祝福の言葉が嬉しかったです。今後も楽しくドラムを続けていきたいです。

このページの上へ