Roland Boutique

Roland Boutique

伝説のサウンドが、
コンパクトサイズで今蘇る

Roland Boutique
Roland Boutiqueシリーズは、Rolandの代表的なシンセサイザーを最新のモデリング技術によって忠実に再現。

Roland Boutiqueシリーズは、Rolandの代表的なシンセサイザーを最新のモデリング技術によって忠実に再現。

音源モジュールはコンパクトなだけでなく、電池駆動と小型スピーカーの搭載を実現。本格的なシンセ・サウンドを、どこでも自由に楽しむことができます。

音源モジュールはコンパクトなだけでなく、電池駆動と小型スピーカーの搭載を実現。本格的なシンセ・サウンドを、どこでも自由に楽しむことができます。

On K-25m
On K-25m
On K-25m
On K-25m
A-01

A-01 CONTROLLER + GENERATORMIDI、USB、CV/GATE など様々な接続を実現するコンパクト設計のコントローラー

A-01 Intro Movie

Classic Roland Synths

JUPITER-8

1981年に発売されたJUPITER-8は、Rolandのシンセサイザーの中でも最も人気のある機種の一つです。8音ポリの強力なアナログ・シンセ・エンジンと豊富な操作子によって得られるサウンドは、当時のミュージシャンにとって革命的であり、1980年代を代表する数々のサウンドを生み出しました。JUPITER-8は、力強いリードから繊細なパッドまで、幅広いサウンドを生み出すことが可能。特に全16基のオシレーターのユニゾン・モードから得られたリード・サウンドには定評がありました。JUPITER-8が生産された数年間に多くの著名なミュージシャンが使用し、彼らから生み出された80年代のシンセ・サウンドは、まさに伝説となって今も生きています。また、販売完了となった後も中古市場では、高額で取引され続け、30年以上経過した今でもその人気は、顕在です。

JX-3P

JX-3Pは、JUNO-106と同じ6音ポリのアナログ・シンセサイザーで、RolandのMIDI搭載第1号機として1983年に発売されました。デジタル制御された2基のオシレーターで生み出されるサウンドは温かいパッドから鋭いリードまで実に幅広く個性的で、多くのミュージシャンに愛されました。JX-3Pの「3P」は、「Programmable」、「Preset」、「Polyphonic」の意味。ここからも分かるように、好きな音色を本体に記憶し、瞬時に呼び出すことが可能でした。また、直感的な操作が可能な専用コントローラーPG-200と接続することで高度な音色のエディットが可能なシンセサイザーに機能アップしました。

JUNO-106

JUNO-106は、JUNO-6、JUNO-60と続くJUNOシリーズの第三弾として、1984年にリリース。6音ポリフォニックのアナログ・シンセサイザーで、MIDIを搭載したシンセの初期モデルの一つでした。JUNO-106は、簡単操作と素早いサウンド・エディットに定評があり、アナログ時代の代表的なシンセの一つとして今でも人気があります。デジタル制御のオシレーターながら暖かいサウンドと滑らかな変化を実現した24dbのアナログ・ローパス・フィルター、切れ味の鋭いエンベロープは、評価の高いものでした。このJUNO-106は、多くのミュージシャンのスタジオ・ワークに多用され、定番のパッド・サウンドだけでなく、ハウスやテクノにおいては、パンチの効いたベースや鋭いリードも多くのアーティストの作品で聴くことができます。また、シンプルな操作パネルは、シンセサイザーにおけるサウンド・メイクを学ぶ上でも有効でした。