CD-2u

本体にマイクとスピーカー、CDドライブを内蔵。
本体のみで録音と再生、CD作成まで出来ます。
(SDメモリー・カードまたはCD-R/RWディスクに録音)

CD-2uの詳細情報はこちら

SDカード専用モデルSD-2Uの情報はこちら

教材CDをいろんな方法で再生して活用する

  • 歌唱 / 器楽

「スピード変更」機能を活用

  • 1/2倍速(50%)~2倍速(200%)の範囲で調整可能。
  • 音程を変えることなく最初はゆっくりと、慣れてくればだんだんとスピードを速くして伴奏に合わせて弾いたり、お手本を聴いたりする事ができます。
  • 再生スピードを変更しても音程は変わりません。
  • キーを変更したままスピードを変えて再生する事もできます。

「A-Bリピート」機能を活用

巻き戻しの手間を掛けずに、指定した箇所を何度でも繰り返し聴く事ができます。 教材や録音したお手本演奏の重要な箇所や聴き取りにくいフレーズをじっくり聴いたり、苦手な箇所の伴奏を再生したりしながら繰り返し練習するのに大変便利です。

「キー変更(移調)機能」を活用

  • 録音した伴奏やCDを各楽器の調に合わせて再生することができるので、既存の教材を活用できるなど、練習用のレパートリーが広がります。また、変声期の児童/生徒が歌いやすいように、教材や録音した伴奏を移調して再生しながら練習する事もできます。
  • アルトサックスの伴奏用CDのキーを変えて、フルートの練習に使う等の活用ができます。

「ピッチ変更機能」を活用

CDの再生音と楽器のピッチが合っていない時に、楽器を基準にしてCDの再生音のピッチを調整できるので、楽器の練習に便利です。

調整後のA4の周波数 ピッチの設定値
438Hz -8(セント)
439Hz -4(セント)
440Hz 0
441Hz +4(セント)
442Hz +8(セント)

基準ピッチA4=440Hzで演奏されたCDを442Hzにして再生させるにはピッチを「+8」に設定します。

教材を色々な方法で聴いて、楽曲の特徴や演奏の良さを聴き取る

  • 鑑賞

曲の任意の一部分を指定し、繰り返してじっくり聴く⇒A-Bリピート機能

巻き戻しの手間をかけずに、重要な部分や対照的な部分を取り上げ、じっくり聴かせる事ができます。

※A-Bリピート機能は、スピード変更機能や、キー変更(移調)機能と同時に使えます。
例えば、スピードを遅くして、任意の部分を繰り返し再生したり、移調したまま指定した箇所を繰り返し再生したりする事もできます。

A-Bリピート機能/スピード変更機能 /キー変更(移調)機能は簡単なボタン操作だけで使えます。
機械操作が苦手な方でも、手軽に安心してお使い頂けます。

音響効果を使って聴いてみる⇒リバーブ(残響効果)をかけて再生

コンサートホールなどの会場の雰囲気を感じて演奏を聴くこともできます。

「マーカー機能」を活用する

録音中、好きなところに曲番号を付ける事ができます。 複数の曲を連続して録音する時に演奏曲ごとに曲番号を付ける事ができます。長い曲を練習する際、録音途中でマーカーを付ければ、振り返り箇所を探す手間が省け非常に効率的です。

CDプレーヤーの代替機としてモニターアンプと共に活用する

  • 部活動・学校行事
  • 鑑賞
  • 音楽づくり/創作
  • 歌唱 / 器楽

出力端子にモニターアンプを接続して大きな音で再生

モニターアンプを出力端子に接続すれば、CDを大きな音で再生できます。

  • オススメのモニター・アンプ

録音して結果や過程を全員で共有し、客観的に評価、確認する

  • 歌唱 / 音楽

本体のみで手軽にCD-R/RWディスクやSDメモリー・カードに録音・再生が可能

歌唱・器楽の演奏を録音したあと、巻き戻しをすることなく、すぐに再生できますので、児童や生徒の集中力を切らさず、結果を全員で振り返れます。

手軽に良い音で録音する

手軽に良い音で録音する
  • 良い音で録音すれば細部まで確認可能

すぐに結果を振り返る

すぐに結果を振り返る
  • 自分も含めた客観的な振り返りが可能

リハーサル機能を活用する

リハーサル演奏を行い、最適な録音入力レベルを自動的に設定します。
録音の失敗を未然に防げますので、指導の効率化が図れます。

XLR端子に外部マイクを接続する

ファンタム電源に対応した高性能マイク(DR-80Cなど)が接続できます。器楽合奏などを録音する際に有効です。

部活動や学校行事で録音し、演奏記録や思い出を残す

  • 部活動・学校行事

本体のみで吹奏楽や軽音部の練習を手軽に録音、その場で再生が可能

自分の演奏だけでなく、客観的に演奏結果全体の確認ができます。

本体のみでCDを作成

録音した演奏をその場でCDにできますので、練習の成果を持ち帰れます。

合唱の練習用教材を作成しておき練習に活用

各パートを個別に録音、またパートを重ねて事前に録音しておけば、確認用また、練習用教材として使えます。

重ねて録音するとは?

付属のワイヤレスリモコンを使う

離れたところから操作できますので、先生は機器から離れて指導できます。

合唱や合奏の練習用教材を作成し、自主練習に役立てる

  • 部活動・学校行事
  • 音楽づくり/創作
  • 歌唱 / 音楽

「ミックス録音機能」を活用する

伴奏や各パートの演奏を重ねて録音し、合唱練習用のCDを作成できます。
作成したCDを教材として、パート別の自主練習に活用できます。

伴奏や各パートを「重ねて録音する」方法とは?

  • 例えば、まず、SDメモリー・カードに伴奏(1曲目)を録音
  • 次に1曲目(伴奏)を再生しながら、ソプラノパートを録音
  • これで自動的に2曲目へ伴奏とソプラノパートが録音された状態となります。
  • この作業を繰り返していけばパートが追加された曲が完成します。
合唱パートを重ねて録音 - ミックス録音機能を使って -

例)合唱パートを重ねて録音 - ミックス録音機能を使って -

1 曲番号1にピアノ伴奏を録音

曲番号1

録音
ピアノ

2 曲番号1のピアノ伴奏を再生しながらソプラノパートを録音

曲番号2にピアノ伴奏とソプラノパートが重なって録音されます。

曲番号2

再生 録音
ピアノ ソプラノ

3 曲番号2のピアノ伴奏とソプラノパートを再生しながらテナーパートを録音

曲番号3にピアノ伴奏とソプラノ&テナーパートが重なって録音されます。

曲番号3

再生 再生 録音
ピアノ ソプラノ テナー

4 曲番号3を再生しながら先生が曲中で指導ポイントを録音

曲番号4にピアノ伴奏とソプラノ&テナーパートと先生の声が重なって録音されます。

曲番号4

再生 再生 再生 録音
ピアノ ソプラノ テナー 指導ポイント

作成したCDのバックアップ(複製)も本体だけで手軽に可能

練習用教材をパート別、クラス別に配布するのに非常に便利です。

機械操作の苦手な方も、目的に合わせて「かんたんガイド」機能を活用

ラジカセ感覚で操作は簡単、機器操作習得に時間が掛かりませんので、効率的な準備や授業をサポートします。

機械操作の苦手な方も、目的に合わせて「かんたんガイド」機能を活用

画面の案内(カタカナ表記)にしたがって操作するだけで、やりたいことができる便利な機能です。

録音 歌や演奏をSDメモリー・カードやCD-R/RWディスクに録音します。 カラオケ CDを再生しながら歌を重ねて SDメモリー・カードに録音します。
消去 SDメモリー・カードやCD-R /RWディスクに録音した曲 を消去します。 ミックス録音 SDメモリー・カードに録音した 曲を再生しながら、別の歌や 演奏を重ねて再びSDメモリー ・カードに録音します。
CD作成 (SD⇒CD) SDメモリー・カードの曲をCD-R/RWディスクに書き 込んで音楽CDを作ります。
CDバックアップ CD-2uで作成したオリジナル 音楽CDのバックアップを作 ります。 リハーサル リハーサル演奏を行い最適な 入力レベルを自動設定します。
  • 「日本語シート」が付属していますので、ボタンやつまみの操作も迷いません。
  • 本体用と付属のワイヤレスリモコン用の日本語シートが付属しています。

セット提案(学校向けご提案シート)もご覧下さい。

教室レコーディング活用セット(PDF:512KB)

練習用伴奏を事前に作っておき、グループ別練習に活用する

  • 部活動・学校行事
  • 音楽づくり/創作
  • 歌唱 / 音楽

伴奏や曲の基本構成(リズムパターンやコード進行等)を録音してCD作成

児童/生徒は、CDをじっくり聴いた後その伴奏に合わせて試行錯誤しながら何回でも演奏を練習する事ができます。先生は伴奏することから離れて、児童/生徒の指導に専念できます。

CD-2uなら本体のみでCDの複製も可能。

練習の成果を録音。成果物としてCD作成し希望者に配布する。

成果物をゴールとする事で、音楽づくり/創作の楽しさや喜び、達成感を児童/生徒に感じさせる一助にもなります。

パソコン編集用ソフトウェアを活用する

オーディオ編集ソフトウェア Cakewalk Audio Creator(別売)

別売のオーディオ編集ソフトを使えば、録音した素材をパソコンを使ってより細かく編集したり、CD作成したりすることもできます。

Cakewalk Audio Creatorの詳細情報はこちら

カセットやMD等に保存している音楽素材を有効に活用する

  • 鑑賞

いろんなメディア(カセットテープ、MD等)に分散している音楽素材やデータを、1枚のCDにまとめて活用

機器の切り替えや素材の入れ替えの手間が省け、授業の効率がアップします。

< 接続例 >
接続例

  • CD-2uではSDメモリー・カードまたはCD-R/RWディスクに直接録音ができます。
  • SDカードに録音した素材を、パソコンを使わず本体のみで音楽CDにすることも可能です。

デジタル録音機器を使う

  • 部活動・学校行事
  • 鑑賞
  • 音楽づくり/創作
  • 歌唱 / 音楽
比較機能 R-05 CD-2u
スピード変更
A-Bリピート
キー / ピッチ変更 -
ミックス録音 -
リハーサル機能
チューナー / メトロノーム -
本体スピーカー -
CDドライブ搭載 -
XLR端子 -
ワイヤレスリモコン -
記録媒体 SDメモリー・ カード SDメモリー・ カード CD-R/RW
本体編集機能 曲分割 / 結合 / トリム*1 曲分割 / 結合 / トリム*1
パソコン用編集ソフト - -
パソコン接続用端子 -

*1 トリム ⇒ 曲の先頭と終わりの不要な無音部分を消去する

レコーダーの詳細情報はこちら

このページの上へ