専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)

シンセサイザーの原点に戻り「自分の音色を創る」

【使用機材】 シンセサイザー GAIA
GAIA専用ソフトウェア GAIA SYNTHESIZER SOUND DESIGNER

左からHAL東京 総合校舎コクーンタワー、HAL大阪 総合校舎、HAL名古屋 総合校舎スパイラルタワーズ

学校法人・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)はゲーム・CG・ミュージック・ITなどデジタルコンテンツを学ぶ専門学校として国内トップクラスの規模を誇っています。著名な企業との産学連携によるプロジェクト『ケーススタディ』をはじめ、人材育成面でも創造性教育やマナー教育も実践し、業界への貢献度の高さは創立以来の歴史が物語っています。
今回、サウンド制作面で、ローランドのシンセサイザーGAIAを授業に取り入れ、ミュージック・クリエイターやサウンド・エンジニア育成に活用されている、HAL名古屋 ミュージック学部 久世雅也 教官にお話を伺いました。

業界で活躍する「ミュージック・クリエイターやサウンド・エンジニア」の育成はHALとして大変重要なテーマのひとつです。コンピュータをはじめとするデジタル機器の導入が進み、いわゆるDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)を使用した作品制作が主流となっている状況です。
従来の音楽制作プロセスと比べてDAWを活用するメリットは多くあるのですが、一方でオリジナルなサウンド制作という視点では、必ずしも最良と言い切れません。
と言うのも、DAWの中には数多くの「音色」が用意されており、制作者は既存のデータの中から自分のイメージに合う素材や音色を「探す」という行為が多くなる傾向が強まっています。

本来のオリジナリティ(自分の音色)という意識が薄くなり、結果、それを使った楽曲は「どこかで聞いたかな」という印象になりかねません。
そこで、本来の音創りの原点に戻り、アナログシンセサイザーを活用した音色制作を実践するため、今回GAIAを授業に導入してみよう、と考えました。
結果として、ソフトウェア音源でなく、ハードウェア音源での音色制作がもたらす効果の大きさをあらためて認識しました。
「自分の音色を創る」というプロセスをそのセオリーとともに学習することで、作品創りはもちろん、卒業後プロの現場で活躍するために必要な知識・技術を修得する重要な機会となりました。
また、学生たちも特に気に留めていなかった「オリジナルな音色創り」の意義や楽しさを知り、作品制作に対する見方も良い意味で変化があったように感じています。

今後は、このシステム(GAIA+サウンドデザイナー)を更に効果的に活用するために、産学連携によるプロジェクト内容も含め、より実践的な教育カリキュラムを拡充し、音創りの即戦力となる人材を輩出したいと考えています。

学校法人・専門学校HALのサイトはこちら

専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)にて活用された機材

キーボード/シンセサイザー

パソコン・ミュージック・ソフトウェア

このページの上へ